007 ダイ・アナザー・デイを見てみた

「007」シリーズ歴代作品リスト

 

タイトル 公開年 監督 ボンド役 ボンドガール
ドクター・ノオ(007は殺しの番号) 1962 テレンス・ヤング ショーン・コネリー アーシュラ・アンドレス
ロシアより愛をこめて(007危機一発) 1963 テレンス・ヤング ショーン・コネリー ダニエラ・ビランキ
ゴールドフィンガー 1964 ガイ・ハミルトン ショーン・コネリー オナー・ブラックマン
サンダーボール作戦 1965 テレンス・ヤング ショーン・コネリー クロディーヌ・オージュ
007は二度死ぬ 1967 ルイス・ギルバート ショーン・コネリー 若林映子/浜美枝
女王陛下の007 1969 ピーター・ハント ジョージ・レーゼンビー ダイアナ・リグ
ダイヤモンドは永遠に 1971 ガイ・ハミルトン ショーン・コネリー ジル・セント・ジョン
死ぬのは奴らだ 1973 ガイ・ハミルトン ロジャー・ムーア ジェーン・シーモア
黄金銃を持つ男 1974 ガイ・ハミルトン ロジャー・ムーア ブリット・エクランド
私を愛したスパイ 1977 ルイス・ギルバート ロジャー・ムーア バーバラ・バック
ムーンレイカー 1979 ルイス・ギルバート ロジャー・ムーア ロイス・チャイルズ
ユア・アイズ・オンリー 1981 ジョン・グレン ロジャー・ムーア キャロル・ブーケ
オクトパシー 1983 ジョン・グレン ロジャー・ムーア モード・アダムス
美しき獲物たち 1985 ジョン・グレン ロジャー・ムーア タニア・ロバーツ
リビング・デイライツ 1987 ジョン・グレン ティモシー・ダルトン マリアム・ダボ
消されたライセンス 1989 ジョン・グレン ティモシー・ダルトン キャリー・ロウエル
ゴールデンアイ 1995 マーティン・キャンベル ピアース・ブロスナン イザベラ・スコルプコ
トゥモロー・ネバー・ダイ 1997 ロジャー・スポティスウット ピアース・ブロスナン ミシェル・ヨー
ワールド・イズ・ノット・イナフ 1999 マイケル・アプテッド ピアース・ブロスナン ソフィー・マルソー
ダイ・アナザー・デー 2002 リー・タマホリ ピアース・ブロスナン ハル・ベリー
007 カジノ・ロワイヤル 2006 マーティン・キャンベル ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン
007 慰めの報酬 2008 マーク・フォースター ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ
007 スカイフォール 2012 サム・メンデス ダニエル・クレイグ ベレニス・マーロウ
007 スペクター 2015 サム・メンデス ダニエル・クレイグ レア・セドゥ&モニカ・ベルッチ

 


007は昔からやっていて、見ようとは毎回思っているのですが、中々見れず気づけば…20年(笑)

歴代の作品を調べたらかなり多くの作品を出している。

その中で今回は『007 ダイ・アナザー・デイ』を見ることにしました。

amazonプライムビデオの中の作品です。

最近、amazonプライム会員になり日々DVDを見ております。

年会費3900円なので、元は取らなきゃ(笑)

007 ダイ・アナザー・デイ

『007 ダイ・アナザー・デイ』は、リー・タマホリ監督のスパイアクション映画。2002年公開。

『007』シリーズ第20作。

ストーリー

[ウェキペディア参考]

ボンドは北朝鮮側の非武装地帯にある基地で、アフリカから不正輸出されたダイヤモンドと引き換えに武器の密輸を行っていたムーン大佐抹殺の任務を遂行した直後、彼の父であるムーン将軍に捕らわれ、長きに渡る監禁・拷問を受ける。
14カ月後、中華人民共和国の諜報員3名を殺害したのち、逮捕されたムーン大佐の側近のザオとの捕虜交換が行われ、ようやくMのもとに戻れたボンドは思いがけない言葉を耳にする。それは00(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。1週間前に北朝鮮内部に潜り込んでいたアメリカの工作員が処刑され、ボンドがいた収容所から情報が発信されたことから、北朝鮮での拷問でボンドが機密事項を洩らしたのが原因だと疑うアメリカはこれ以上の情報漏れを恐れザオとの交換でボンドを連れ戻したのだという。ボンドを疑うMは、ボンドの00ナンバー剥奪という決断に至ったのだ。
この結果に納得のいかないボンドは、自らのプライドと00ナンバーを取り戻すべく単身でMたちのもとから脱出。香港を拠点に活動する中国の諜報員ミスター・チャンの協力のもと、ザオがキューバに潜伏中との情報をつかみ、キューバに飛ぶ。そこでアメリカ国家安全保障局(NSA)の諜報員ジンクスと遭遇する。
地元の情報屋ラウルの情報で、ザオがロス・オルガノス島の人種を変えるDNA変換療法を行っている病院にいることを知り、再び遭遇したジンクスと共に追い詰めるがザオはダイヤモンドを残し逃亡。
ボンドは、ザオの残したダイヤモンドを調べるとダイヤモンド王のグスタフ・グレーブスのものだと判明する。グスタフ・グレーブスが黒幕だと感じたボンドは、イギリス、アイスランド、とグレーブスを追っていくうちに、グレーブスの隠された驚くべき正体とグレーブスの計画する恐るべき征服計画を知ることとなる。

詳しくはwikipediaリンクまで

感想

まずいきなり、北朝鮮との激しいバトル。

見たこともない、兵器に乗り。やりたい放題(笑)

マシンを乗りながら銃撃戦や戦闘アクションが、かなりインパクトがありました。

北朝鮮の人数がかなり多く、ジェームズ・ボンドは囚われてしまった。

それから、14ヶ月もの間、拷問を受けていました。

拷問のシーンはそれほど長くなかったのですが、かなり厳しい拷問にあっていた模様。

14ヶ月後に、ジェームズ・ボンドは外に出され、橋の方でゆっくりと歩き出しました。

そこで、銃を向けられ死ぬのかな?と思ったその時…

ザオとの捕虜交換が行われて、自由の身になりました。

だが、彼に告げられたのは、00(ダブルオー)ナンバーの剥奪だった。

ジェームズ・ボンドは納得行かず、施設から脱走し、一人で真相を追うことになりました。

まず向かったのが、キューバ。ザオがいるらいしです。

病院で見たものは!!!!!!!!

人種を変えるDNA変換療法を行っている病院でした。

なんだそれ!怖すぎるわ(笑)

そこにいたザオ!顔変わってるし(笑)誰だし

結局ここでは、逃げられたので、ザオが次に現れる場所の情報を掴んでからレッツゴーです。

次に向かうは、氷の城。

アナ雪か(笑)

ここで、秘密兵器の数々が登場。

まずは、ボンドカー アストンマーティン・V12ヴァンキッシュ(ヴァニッシュ)

amvanquish

かっけー。欲しいよ。このマシンいくらだ?

ボンド仕様だから、兵器も付いてるし(笑)

氷の上での車でバトル!凄すぎです。

銃使うし、ミサイル使うし、めちゃくちゃです。

しかも、車が横転しても立ち上がるし!どうゆうことだよ(笑)

衛生からのレーザーも無差別すぎだ!!!!!!!

イカロスやばい!!!

無敵だ!!!!

最後は飛行機でのバトル。

ここでは、けっこうあっさり戦闘は終わった気がします。

けど、人が飛行機からかなり落ちました(笑)

最終決着がついて脱出成功したのですが!!!

なんとヘリコプターの中にダイヤがあるんかい!!!

しかもかなりの数!!!びっくりだよ。

ラストシーンは!!!べットシーンでダイヤに囲まれながら終わりました。

すごいな。中々体験はできないだろうけど(笑)

まあー長々と文章書いていますが、007は面白いと思います。

他のシリーズも見ていこうと思います。

投稿者: samancha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA