CakePHP3 FormHelper使用方法など

formhelperを使用した、例を記述したいと思います。使用すると便利なので覚えとくといいと思います。

では、さっそくはじめます。

 

HTML

FormHelper::text(string $name, array $options)

FormHelper で利用可能なメソッドには、さらに特定のフォーム 要素を生成するものがあります。これらのメソッドの多くでは、 特別な $options パラメータを指定できます。ただしこの場合、 $options は主に(フォームの要素の DOM id の値のような) HTML タグの属性を指定するために使われます。

 

[フォーム作成]

[ボタン作成]

[デフォルト値を設定するフォーム作成]

 

JavaScript

指定された ID を持つ要素を返します。

[構文]

  • elementElement オブジェクトです。
  • idは探される要素の一意の ID を表す文字列です。

※もし与えられた ID を持つ要素がなければ、この関数は null を返します。

[処理実行ボタンをクリックした時の処理]

テキストボックスに入力された文字列はvalueプロパティで取得します。

 

作成したもの

私の場合は下記の通りです。人によって異なります。

  1. フォームに値を入力
  2. [処理実行]ボタンをクリック
  3. javascriptのonButtonClick()に書いてある処理が実行されます
  4. ダイアログが表示
  5. 内容がOKならば[OK]ボタンをクリック
  6. submitされる

 

フォームを作成し、フォームで入力した値をIDで取得して、ダイアログに表示して、submitする。

簡単な流れの方法を記載しました。

投稿者: samancha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA