ConoHaとCentOS7でApacheのJava開発環境構築

JAVAの開発環境を作成したかったので、参考にしたサイトを見ながら構築したいと思います。

一通りの作業工程の流れを書いていきます。

 

環境

OS/ミドルウェア バージョン
CentOS 7.2.1511

 

Oracle JDKのインストール

参考にしたサイトOracle JDKのインストール手順

サイトの中の「1.Oracle JDKのインストール」を参考にしました。

私の場合は「Linux x64 174.76 MB jdk-8u121-linux-x64.tar.gz」を用いる。

 

Eclipseのインストール

参考にしたサイトEclipseのインストール

サイトの中の「Eclipseのインストール」を参考にしました。

 

Eclipseを日本語化

参考にしたサイトEclipseを日本語化

サイトの中の「PDTプラグイン(日本語化ディストリビューション)のダウンロードとインストール」を参考にしました。

[iniファイルの設定]

 

Eclipseでプログラムを書く手順

[プロジェクトの作成]

パッケージ・エクスプローラーの中で右クリック「新規」⇒「Javaプロジェクト」

プロジェクト作成画面が表示されます。

プロジェクト名を入力し、[完了]をクリック。

プロジェクトが作成されます。

★パッケージを作成したパターン

[パッケージの作成]

作成したプロジェクトの中にある、「src」を右クリック「新規」⇒「パッケージ」

パッケージ作成画面が表示されます。

名前を入力し、[完了]をクリックします。

パッケージが作成されます。

[ファイルの作成]

作成したプロジェクトの中にある、「パッケージ」を右クリック「新規」⇒「クラス」

ファイル作成画面が表示されます。

名前を入力し、[完了]をクリックします。

ファイルが作成されます。


[コードの作成]

[コードの中身]

[処理実行]

メニューバーにある緑色の再生マークの「実行」をクリックします。

すると、画面下のコンソールに実行内容が表示されます。

今回は「hello!」と表示されます。

 

★パッケージを作成しないパターン

[ファイルの作成]

作成したプロジェクトの中にある、「src」を右クリック「新規」⇒「クラス」

ファイル作成画面が表示されます。

名前を入力し、[完了]をクリックします。

ファイルが作成されます。

パッケージを使用しないとデフォルト・パッケージが作成されます。

パッケージを始めに作成し、その中に、ファイルを作成するパターンがほとんどだと思います。

[コードの作成]

[コードの中身]

[処理実行]

メニューバーにある緑色の再生マークの「実行」をクリックします。

すると、画面下のコンソールに実行内容が表示されます。

今回は「hello!」と表示されます。

 

投稿者: samancha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA