Vagrantでパーミッションを変更する方法

共有フォルダ内のファイル・フォルダのパーミッションがchmodをしても変えられなかったので、変える方法を記載します。

これは仕様なのか?よくわからん…

 

環境

OS/ミドルウェア バージョン
CentOS 6.4
Apache 2.2.15

 

バージョンの確認方法

[CentOS]

[実行結果]

[Apache]

[実行結果]

 

Vagrantfileを修正

[ファイルの編集]

[ファイルの中身]

上記の場合は、ホストマシン側の共有フォルダのパスを.、すなわちVagrantfileがあるフォルダとなります。仮想マシン側の共有フォルダのパスは/vagrantとなります。また、:mount_optionsによって、ホストマシン側で共有フォルダ上に作成したフォルダおよびファイルの仮想マシン側でのアクセス権を指定しています。
上記の場合は、ホストマシン側で共有フォルダ上に作成したフォルダ、ファイルの仮想マシン側でのアクセス権はすべて777、すなわちフルアクセスになります。ここは各自の状況に合わせて設定すればいいと思います。

“dmode”がディレクトリ、”fmode”がファイルのパーミッションのこと。

※リロードしてエラーが出てる場合は、シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションを逆にしてみて下さい。

[リロード]

[実行結果]

これで、「/vagrant」以下のディレクトリのパーミッションが変更されるはずです。

投稿者: samancha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA