Vagrantで共有ディレクトリの設定方法

ゲスト側に作成されるVagrantfileの場所によってデフォルトでは余計なディレクトリまで共有されてしまう。

なので必要なディレクトリだけ、共有したかったので設定を行いたいと思います。

 

環境

OS/ミドルウェア バージョン
CentOS 6.4
Apache 2.2.15

 

バージョンの確認方法

[CentOS]

[実行結果]

[Apache]

[実行結果]

 

共有ディレクトリの設定

[ファイルの編集]

[ファイルの中身]

  • ホスト:Vagrantを起動するローカルPC
  • ゲスト:Vagrantによって起動するOS

上記の場合は、ホストマシン側の共有フォルダのパスを.、すなわちVagrantfileがあるフォルダとなります。仮想マシン側の共有フォルダのパスは/vagrantとなります。また、disabled: trueによって、デフォルトの共有を行わないようにしています。

config.vm.synced_folder [ホストPATH], [ゲストPATH], [オプション設定], …

オプション

  • create (ブール値) – trueの場合、存在しなければホストのパスを生成する。デフォルトではfalseである。
  • disabled (ブール値) – trueの場合、この同期フォルダは無効かつ設定されない。これは以前に定義した同期フォルダを無効にしたり、そのほかの要因に基づいた、条件付きで定義を無効にしたりする場合に使用することができる。
  • group (文字列) – 同期フォルダの属するグループ。デフォルトではこれはSSHユーザである。いくつかの同期フォルダの種類ではグループの変更はサポートしていない。
  • mount_options (列挙) – mountコマンドに対して受け渡すための追加的なマウントオプションのリスト。
  • owner (文字列) – その同期フォルダのオーナーとなるユーザ名。デフォルトではSSHユーザとなる。いくつかの同期フォルダの種類ではオーナーの変更はサポートしていない。
  • type (文字列) – 同期フォルダの種類。これが指定されていなければ、Vagrantはその環境に対して最も適切な同期フォルダオプションを自動的に選択するが、”nfs”のように種類を指定することができる。

投稿者: samancha

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA